Keiz blog スタッフブログ

ジブラルタルへ、ちょっと寄り道

2017年06月26日 Category: その他

LINEで送る

こんにちは。代表の笹山です。

今回はヨーロッパ内での撮影移動中に、
丁度通り道だったこともあり、途中でジブラルタルに寄り道しました。
ジブラルタルは名の通りジブラルタル海峡を臨む半島で
スペインとの国境にあるイギリス領の小さな国です。
IMG_1657

IMG_1675

なんと国境が空港になっていて、

飛行機の離着陸時には遮断機が降りて通行止になります。

IMG_1762

IMG_1759

しかし、電車ではなく飛行機の離発着なので、

遮断機の信号待ち時間が中途半端に長く、

交通渋滞が起きやすいのは仕方がないですが、

幸い離発着数はそれほど多くないため、のんびりと信号待ちをしています。

IMG_1753

ジブラルタルでは、この風景が普通のようです。

IMG_1780

市街に入ると、目立つのは町の真ん中にある大きな岩

「ザ・ロック」と呼ばれる岩で、堂々としている感じが見事です。
街はその岩を囲むように広がっており、その周囲を道路が走っています。

IMG_1726

IMG_1732

航空機が滑走路へ進入する際、
このザ・ロックの崖の横を通過し、

且つ街のど真ん中にある空港という事もあり、

パイロットが選ぶ危険な空港として、
ヨーロッパの中で1位に選ばれているらしいです。

この国はイギリス領なので、

スペインとの国境なのに、ほとんどの人が英語しか話せないんです。
スペイン語が話せる人が少数派というのもこの国の特徴かもしれません。
私がどうしてもジブラルタルへ行きたかった理由は単純で、

私の肉体がまだ細かった頃に(苦笑)

気に入って着ていたファッションデザイナー

「ジョン・ガリアーノ」が生まれた町だからです。
元Diorのデザイナー、ジョン・ガリアーノのセンスを

私は今でもリスペクトしています。

IMG_1723

私は彼の代表的なデザインである

ニュースペーパー柄の服をよく着ていました。

s001

s002

s003

着古して今はもうクタクタになってしまっていますが、

高価なものですし、思い入れも強いので、

大事に取っています。

ジョン・ガリアーノの生まれ育った地に立ち、

彼と同じ風景を見ていると思うと感慨深いものがありました。

ケイズプリュのヨーロッパスタッフのご紹介

2017年03月14日 Category: その他

LINEで送る

こんにちは。代表の笹山です。
今回は、ケイズプリュのヨーロッパスタッフをご紹介します。

antonio

Antonio Navas(アントニオ・ナバス)

 

職種:グラフィックデザイナー・イラストレーター・Webデザイナー
出身:スペイン アンダルシア地方 マラガ(現在はマラガ在住)

 

性格はスペイン人らしく明るく、社交的ですが能天気で天然な一面もあり、
彼がベルリンに住んでいた時に
ベルリンのカメラマンの紹介で知り合いました。

最近のスペインロケでは
現地コーディネイトをアントニオが担当してくれたのですが、
そのセンスと手腕に手ごたえを感じました。

交渉力が有り、押しが強く、コネクションも豊富なので、
日本でも撮影許可の出ない5星のホテルや大豪邸での撮影許可を取ってくれるなど
大変有望な人材です。

何だか身内に対してべた褒めしすぎな気もしますが、
それだけ彼は優秀で頼りになるんです。

スペイン語とドイツ語が話せるアントニオですが、日本語はまだ勉強中とのことで、
今のところ私もアントニオと会話をする時は、iPhoneの翻訳機で会話しています。

言語が違う人とのコミュニケーションにおいて、
昔は身振り手振りジェスチャー交えて60%伝わるかどうかという感じでしたが、
今はiPhoneだけでほぼ100%言いたいことがちゃんと伝わる、いい時代になりましたね。

アントニオの過去作品もご紹介します。

 

▼モバイルなどの画面・アイコンのデザイン

spicon3
icons-2-2iconos-1-2

 

▼住宅などの壁面のペインティング

paint2paint3
paint1

 

▼企業のグラフィックデザイン(バーガーキング・パナソニック等)

grafik2
grafik1
grafik3
presentacion skoda fabia - urban art
presentacio pirates dinner show europe

 

▼その他、各種企業用のイラスト作成実績

illustration1illustration2
illustration3illustration4
14 Besprechungszimmer15 Ausstellung
ImprimirImprimir
illustration5

こちらインテリア撮影の合間の時間で
アントニオと私とでチェス対戦をしたときの写真で、
この時なかなかの接戦で、本撮影に入るギリギリまでお互い白熱していました。

IMG_1605

昨年、インテリアメーカー等の撮影で
スペインロケのロケーションコーディネイトをしてくれました。

今年もすでにスペインロケの相談が
数社のプロダクションから問い合わせがきておりますので、
アントニオとともに仕事する機会がどんどん増えて楽しみです。

そんなとても頼もしいヨーロッパ現地スタッフも常駐しておりますので、
ヨーロッパロケにご興味があれば、お気軽にケイズプリュまでご相談ください。

【旅行・研修・合宿・ゴルフコンペ・ロケ・ロケハン】ドライバー付きレンタルバスならK’s Plus(ケイズプリュ)

2017年02月28日 Category: その他, レンタルバス・ロケバス

LINEで送る

★ レンタルバスならK’s Plus ★

ケイズプリュでは4台のレンタルバス(ドライバー付)を用意しております。
少人数向けのコミューターから、大人数にも対応可能なマイクロバスまでご要望に応じてお選び頂け、
目的地までは大型2種免許取得のドライバーが安全・快適なドライブを約束します。

弊社では広告撮影に関するロケーションの企画・提案業務を主としておりますが、
レンタルバスに関しては撮影以外の目的でも多くの方にご利用を頂いております。
実際に昨年はインバウンドでのご利用が数百件以上あり、
その他には社内旅行・研修・クラブ活動の遠征・合宿・グループ旅行・ゴルフコンペなど
様々な目的でご利用を頂いております。

レンタルバスのご利用をお考えの皆様はいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。
※弊社マイクロバスは大阪発進の運行となりますので、ご了承下さいませ。

★お問い合わせはこちら
http://bus.keiz-photo.com/inquiry/

レンタルバス詳細

レンタルバスについてより詳しい情報は下記ページをご確認下さい。

●神戸/大阪 関西でのロケバス・レンタルバスは実績豊富な K’s Plus ケイズプリュ
http://bus.keiz-photo.com/

●ドライバー付きレンタルバス車両「マイクロバス」のご紹介 | Keiz blog
http://keiz-photo.com/blog/?p=1869

マイクロバス

東京スタッフだけの年忘れ女子会

2017年01月17日 Category: その他

LINEで送る

こんにちは。東京スタッフの渡部です。
昨年の末になりますが、
関西スタッフとの忘年会には参加できなかったので、
東京スタッフだけで「年忘れの女子会」を敢行しました。

事務所近辺ではありますが、関西スタッフのカニ旅行がうらやましすぎるので、
こちらも少々奮発して普段気軽には行けないお店へ!

&ecle(アンドエクレ)」というフレンチのお店です。

普段はランチの予約も取りづらいという、人気店!

今までに何度かチャレンジしたことがあったのですが、
いつも予約でいっぱいで諦めかけていたので、
今回は運よく「やっと行けるー!」という感じです。
嬉しいなぁ。

フレンチとは言いながら、そこまで気を張る必要もなく
大人のおもてなしを感じながら、しっとりと女子会がスタート。

料理はコース料理を注文しました。
全ての料理が美味でしたが、
最後に食べた豚肉のグリルがソースとの相性が抜群で特に美味しかったです。

そこで私たちにとってサプライズだったのが、
前菜~デザートまで本来のコース料理とは違う料理が出てきました。
あとでよくよく考えてみると、
「皆さんでシェアして色々な味を味わってく下さい」的な意味があったのかもですが、
そこまで気づかずに、私たちは自分の分は自分の分として美味しくいただきました(笑。
そんなお店の方の粋なはからいもあって、舌も心も大満足!

女子会ですから、もちろんお喋りもはずみます。
どんな事を話したのかは、東京スタッフだけのシークレット。

居心地もよく店内は落ち着いた雰囲気があってとても快適なのですが、
気軽に写真を撮れるような雰囲気ではなかったため、
許可を得て最後にお店の前で記念写真を。

「&ecle(アンドエクレ)」さんのお店の前での記念写真

仕事柄、許可取りはスムーズです!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ケイズプリュスタッフみんなで毎年恒例のカニ旅行へ

2017年01月16日 Category: その他

LINEで送る

こんにちは。
今年は、まったりと寝正月を過ごしていたので、
まだ正月休みボケがうっすらと残っている堀川です。
今年もケイズプリュをよろしくお願いします。

さて、新年一発目のブログ投稿となりますがネタは昨年末の話です。

ケイズプリュでは
毎年12月になるとスタッフ総出のカニ旅行へ行き、
そこで一年の疲れを一気にふっ飛ばします!

場所は、兵庫県の日本海側にある香住町です。

同じ兵庫県内でも神戸から香住町へは、
瀬戸内海側から日本海側へ移動する感じで
約3時間の移動距離です。

現地にだんだん近づいてくると、
ちらほら雪も見られ、いつのまにか辺り一面銀世界。
同じ“海”に面していても神戸とは気候が全然違うようです。

img01

このような景色を見ると

「こんなシチュエーションのロケで使えそうだなぁ」

と、ついつい考えてしまいます。
今回はスタッフ全員でカニを美味しく食べることが目的のはずなのに
やはり仕事のことが頭から離れません…。

ついつい日頃の“仕事熱心さ”がここでも出てしまいます(笑。

img02

到着した日の夕食から早速のカニづくし!

カニ刺し・茹でガニ・焼きガニ等、
とにかくこれでもかというぐらいのボリュームのカニを
全員で次から次へと平らげます。

img03

もう、こりゃ限界!というところまで食べたのに、
翌日の朝食もカニ料理でした。

さすがに、こんなに食べると横歩きになりそう!

img04

義史くんにはハサミが生えたようです(笑。

旅館の従業員の方から聞いた話によると、
関西では香住漁港でだけ水揚げされる紅ズワイガニの事を「香住ガニ」と呼ぶそうです。
一般的にも有名な
「松葉ガニ(ズワイガニの雄)」
「セコガニ(ズワイガニの雌)」とは特徴に違いがあるようです。

違いが一番分かりやすいのは大きさです。
ズワイガニの雄と雌の大きさは見ただけで判断し易いほどだそうで、
地域別に雄と雌それぞれに名前が付けられています。

雄は香住ガニ、松葉ガニ、間人ガニなど。
雌はコウバガニ、セコガニ、メガニ、オヤガニ、コッペガニ

というように名付けられているとのこと。

地域それぞれの漁港によってのブランドもあるそうですし、
普段何気なく「カニ」として食べていたものにこんな違いがあったなんて、
明日誰かに早速話したくなる雑学でした!

img05

カニは、食べる時間より身を取り出す時間の方が長くかかるほど手間がかかります。
皆さんはどうですか?

僕はいつもカニの身を上手く取り出すのには苦労するので、
あとで取り出した身を集めて一気に口に放り込む贅沢をしたいがために、
途中で何度もつまみ食いしたい衝動にかられつつも
ひたすら取り出す作業に専念する派です。

そして、カニを食べながら飲むビールは格別ですね!

img06

カニだらけの時間を過ごしたスタッフは自然と笑顔がこぼれます。

見ているこっちまで楽しい気分に浸れました。
好みはひとそれぞれだと思いますが、
一般的にカニで一番美味しいとされる部位は脚なんだそうです。
ハサミに近い脚がより身がギュッと詰まってて太くて美味しいんだとか。
ハサミ部分は、よく動かすことから繊維が細いらしく、
食感的にはふんわりといった感じ。
家庭でカニを食べる場合は、
カニ争奪戦のようになってしまう場合がありますが、
今回はカニ旅行ですので、好きな部位を好きなだけ味わうことができます!

スタッフ同士で一年を振り返りながらも美味しいカニを堪能しました。

しかも贅沢な事に、
毎年このカニ旅行がないと「今年も終わりだな」という実感が持てなくなってきました。

img07

そして、帰り道では冬の日本海を横目に眺めながら地元の直売店へ。

img08

遠目から見ても「ここだ!」と分かりやすい看板でした。

実はこれ、ハサミがチョキチョキと動いてるんですよ。

img09

img10

さすが地元で水揚げされたばかりのカニだけあって、
生けすの中でもすごく元気で、脱走仕掛けているカニもちらほら見かけました。
その都度お店の方が傷つけないようにそっと戻してましたが(笑。

そんなお店の方の推しもあって(?)、みんな大量にカニを購入。
大人買いってやつです!

img11

ちなみにこちらは、たらふくカニを食べた後のカラオケ大会の様子。

仕事と遊びのオンとオフの切り替えが出来ることが前提で、
スタッフ一同、仕事も遊びも楽しくフレンドリーに過ごしています!
毎年恒例となるカニ旅行への参加回数が増すにつれて、
だんだんカニに対する知識も増えてきました。

(もう少し上手く身を取り出せるようになれればいいなぁ…)

皆さまは年末年始どうお過ごしでしたか?

新年のご挨拶

2017年01月01日 Category: その他

LINEで送る

新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

平成29年 元旦
有限会社ケイズプリュ スタッフ一同

新年のご挨拶

年末年始休業のお知らせ

2016年12月28日 Category: その他

LINEで送る

早いもので2016年も残すところあとわずかとなりました。
本年は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
早速ではございますが、年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。

【年末年始休業期間】2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
歳末のご挨拶とさせて頂きます。

有限会社ケイズプリュ スタッフ一同

スペインで大豪雨に遭遇しました

2016年12月12日 Category: その他, ロケ, ロケハン

LINEで送る

こんにちは。代表の笹山です。
今回は、スペインの南部のアンダルシア州マラガ近郊にある町、
エステポナにロケで滞在しました。

実はこのスペイン入りの数日前より雨が降り続き、
なんと現地(マラガ)の人々も今までに経験したことがないくらいの
記録的大豪雨に見舞われてしまいました。
前乗りであった現地のスタッフが到着した時には道路が川のようになり
広い範囲で洪水も発生していたため、当然ロケも延期です。

IMG_1302

私の滞在期間は、4日から12日で、
4日午前中はひどく激しい雨で、
乗り継ぎのアムステルダム・スキポール空港についた時に
マラガ入りの飛行機が飛ばないかもと連絡がありました。
なんとか問題なく19:30頃マラガ空港に到着した時には
雨も少し収まり冠水も無くなっていましたが、いやはや波乱の幕開けです。

この大雨の影響で、臨時休業している店も多く、
私が空港からホテルに向かう途中、
人が外を出歩いている様子が感じられず
ひっそりとした街並みでした。

IMG_1303

IMG_1304

IMG_1305

幸いにも滞在ホテル周辺では、
洪水被害はありませんでしたが、
大洪水が発生した地域では、大変なことになっていたようで
警察のヘリなどが出動し、
屋上に避難した市民らの救出に乗り出していました。

▼スペイン南部マラガで大雨洪水警報 ヘリコプターを動員して救助開始
http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/545022/
参照元:Pressdigital Japan
▼マラガの洪水で警察の救出映像などが公開
http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/545118/
参照元:Pressdigital Japan

どうあがいても自然には勝てません。
時々、自然はそのことを私たちに伝えているような気がします。

さて、

少し暗い話題になってしまったので、
最後には明るい話題を。

今回はロケ延期もあってドタバタで、
時間的に見学に行けそうにないのですが、
マラガは、世界的に有名な画家「パブロ・ピカソ」の生まれ育った町で、
今ではピカソ美術館や、実際にピカソが生まれ育った家も観光名所となっています。

© Wikipediaより引用

ピカソの作品そのものについてはここでは触れませんが

ピカソ美術館はヨーロッパ近郊に複数あって、
マラガのピカソ美術館もその中の一つです。

規模は小さく特に教科書に載っているような
メジャーな作品はありませんが、
ピカソの親族が所有していた貴重なコレクションが
収蔵されているらしいので、一見の価値があります。

©Berthold Werner - Wikipediaより引用

ただ、今回は忙しすぎるので、いけそうもありません。

残念です。

つ、ついにケイズプリュTシャツ&ジャケット作っちゃいました!!

2016年08月04日 Category: その他

LINEで送る

梅雨も明け、夏本番。
これからますます暑い日が続きますねー。
こんにちは。義史です。

タイトルにもある通り、ついにケイズプリュの
スタッフTシャツ&ジャケットを作っちゃいました!!

スタッフTシャツ&ジャケット前面

スタッフTシャツ&ジャケット背面

先輩から聞くところによると、
これまで何度か「スタッフTシャツ作らないか?」という
話が持ち上がったそうですが、かなり忙しい時期だったり、
冬の時期に「いつ着るの…?」という感じで後回しになっていました。

今回も話題には上がったものの後回しになりかかっていたところを、
「会社が法人化してから11年目にもなるし、そろそろ作ろうじゃないか!」
「寒い時期のためにジャケットも作ればいいじゃないか!」
ということで、ようやく実現しました。

ケイズプリュでは、普段ロケハンやロケの時は、
特に決まった服装などはなく、その時々のTPOに合わせて
個々の私服で活動してきたわけです。

仕事上、僕たちはあくまでも脇役の立場ですから、
目立たずロゴだけのシンプルなTシャツデザインではありますが、
今回、スタッフ全員お揃いのTシャツってだけで
より一層の一体感が生まれた感じがします!

スタッフTシャツ&ジャケットの背面にはケイズプリュのロゴが入っています

これからは社内や現場で
ガンガン着て行こうと思いますので、要チェックです。

僕個人的には、
これを機に他にもケイズプリュオリジナルグッズを
作りたくなってきました(笑。

ロケ終わりに立ち寄った『伊香保温泉』

2016年05月26日 Category: その他, ロケ

LINEで送る

こんにちは。堀川です。
先日、群馬でのロケ終わりに時間があり、
天気も良く元気が有り余っていたので、近くの伊香保温泉へ
立ち寄って見ることにしました。

ロケ終わりに立ち寄った伊香保温泉

伊香保温泉は万葉集にも登場するぐらい歴史が古い

伊香保温泉は万葉集にも登場しているぐらい歴史が古く
現在の温泉街が出来たのは戦国時代からで、武田軍の療養場所でもあったそうです。
そうえば神戸の有馬温泉でも豊臣秀吉が傷を癒したという史実もあって、
同じような効能があるのかもしれません。

このように、“武将と温泉”という組み合わせもそうですが、
“文豪と温泉”っていうのも、よく聞く組み合わだと思いませんか?

歌人・与謝野晶子や、文豪・夏目漱石など歴史に名を連ねる多くの人物も訪れた古き良き街

そのイメージ通り
伊香保温泉には、多くの文豪たちが訪れました。
与謝野晶子もその中の1人で、石段には与謝野晶子の歌が刻まれています。
その他に、夏目漱石、竹久夢二、野口雨情などの歴史上名立たる文豪も
伊香保温泉に訪れたと記されていて、歴史を感じます。

次は有名スポット365段の石段へ。

伊香保神社までは365段の石段を登らなくてはいけない

この石段を登り切ると金運がアップすると言われているので、
張り切ってチャレンジしてみました。

石段を登り始めのうちは余裕だったものの…

上り始めは2段飛ばしなど、相当の余裕をかましていました。
しかし、だんだんと半ばあたりから足に違和感が…。
………。
軽い気持ちで登ってみたのですが、仕事終わりだというのを忘れていました。
頂上の伊香保神社にたどり着くまでの365段の石段は、
思っていた以上に急な石段で、途中でへこたれる事、数回。

後半は息切れしながらも気合で乗り切り、
とうとう

365段の石段、登りきりました!

登りきりました!
見てください、達成感いっぱいの僕の姿を!!
これで僕の金運はうなぎ上り…のはずです。やったー。

登り切った先の伊香保神社は、
パワースポットとしても人気のあるエリアです。

縁結びの神社とも言われている伊香保神社はパワースポットとしても有名

僕が「何をお願いしたのか」は秘密ですが、
伊香保神社は縁結びの神社とも言われているので、
恋活中、婚活中の人は365段の階段を登り切って、自分と相性の良い人との縁結びを
お願いしてみるのもいいかもしれません。

さて、こちらは石段の途中の話になるのですが、
大量のひよこが供えられていたのを見ました。
案内板も無く急に目に飛び込んできたものだったので、
その時は、これは何か現代芸術のアート作品か何かかなと思いました。
しかし、後で現地の人に聞いたところ、
実は温泉街にある射的の残念賞としてひよこがもらえるらしく、
それが日に日に増えていくそうです。

ひよこ(おもちゃ)の大群が供えられた不思議なスポットがありました

神社のおみくじを結んで行くのと同じような感覚で
屋根にひよこを乗せてしまったのでしょうか。
それにしてもすごい数で、ひよこが繁殖しているようにも見えますねぇ(笑)

でも、これもこれで立派な伊香保温泉の観光スポットだと
僕はそう感じました。

最後に伊香保温泉へ訪れた記念に、石段バックに写真を

毎回と言う訳ではありませんが、
色々なロケ地を周って、スタッフたちと仕事終わりに
現地観光が出来ることも楽しみの一つです。
これがいい気分転換にもなって、次のロケへの発展に繋がっていきます。