Keiz blog スタッフブログ

何故そこに…断崖絶壁に小便小僧?!

2015年10月29日 Category: ロケ

LINEで送る

こんにちは。車輌部です。

先日、徳島県でロケがあり、感動的な出会いがありました。
※ちなみに前回は鳥取県でサメに出会いました

祖谷渓にある小便小僧

祖谷渓にある小便小僧です。

ここは谷底まで、なんと200mもあり、深い谷を見下ろす岩の上に立っています。
なんでそんな所で!?と思いますよね。

Wikipedia情報によると、
昔、旅人が度胸試しにここから放尿したという話にちなんでいるそうです。
像自体には放尿の設備はないそうですが、200mもあるので谷底に届くまでに霧になってしまうと言われています。容姿は日本人少年風だそうです。

また、ここは降水量も多いため、樹木が生い茂り、
エメラルドグリーン一色の絶景を眺める事も出来ます。
秋には谷底から峰まで紅葉するので、秋にも一度訪れてみたいですね。

==================================================
ケイズプリュでは、現在ロケバスドライバーを募集しています。

TV番組・CM・映画・広告などの撮影の際、
出演者・制作スタッフの移動を担っているのがロケバスです。
ただ運転をするだけの仕事ではなく、
制作スタッフとのコミュニケーションや撮影現場でのサポートなど
撮影現場を支える重要な仕事のひとつです。

撮影は様々なロケ地で行われるので、
感動的な瞬間に立ち会える事もあります。
私達と一緒に撮影現場を支える仕事をしてみませんか。

【対 象】

・25歳~35歳位まで
・大型/中型2種免許所持者に限ります
・撮影現場に興味のある方、ドライバー経験がある方歓迎

※詳細についてはこちらのメールフォームよりお問い合わせください。
==================================================

ロケーションフォト(素材写真)ならお任せください

2015年10月22日 Category: ロケーションフォト

LINEで送る

ケイズプリュでは豊富なロケーションフォト(素材写真)も取り揃えております。
ロケーションフォトとはポスターやカタログ・チラシ・DMなどの印刷物や、ホームページ・バナー広告など、様々な媒体の広告表現に使用されるであろうシチュエーションであらかじめ撮影し、ストックされた写真。クリエーター様はその中から目的に合った素材写真を選び、使用料を支払う事で利用できるサービスです。

本日はごく一部ではございますが、紹介させていただきます。
ホテル・住宅・店舗・公共施設・学校 etc…。

長年にわたり、インテリア関連の撮影コーディネートをしてきた弊社は
カタログやWebサイトなどの販促ツールでどのように使用されるか、また素材写真として求められるシチュエーション、撮影アングルなどを熟知しております。
これらのノウハウを活かし、弊社ではどの様な商品がどの様に合成がされるかなどを想定し、撮影を行っておりますので、インテリア関連に訴求した素材写真を数多く用意しております。また、その全ての撮影現場の責任者には画像合成処理に関する契約を結んでいる為、お客様は交渉する手間や時間を省け、作業を効率化する事が出来ます。

下の画像は上記で説明させていただいた様な画像合成の一例を紹介します。
もとの画像に商品となる壁紙・床材を合成しています。

今回はほんのごく一部を紹介させて頂きましたが、
豊富な素材写真を数々取り揃えておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。
皆様からのご連絡、お待ちしております。

★お問い合わせはこちらから
http://keiz-photo.com/contact/

スペイン観光第三弾!世界遺産「カサ・ミラ」と「カサ・バトリョ」

2015年10月16日 Category: ストックフォト

LINEで送る

スペイン観光レポートも今回が最後です。

世界一の規模を誇るカトリック建築、世界遺産「サグラダ・ファミリア」
スペイン観光第二弾!世界遺産「グエル公園」


こちらはバルセロナ、アシャンプラのグラシア通りにある、
アントニ・ガウディの作品群の一つ、世界遺産「カサ・ミラ」です。

地中海をイメージして作られたとのことで、外観の波打つ曲線が印象的でした。

当時は実業家の邸宅として建設されたようですが、
なんと現在でも4世帯が居住している現役の集合住宅なんです!
確かにグエル公園と違って、ここなら住居と言われても納得できます(笑)。


次にこちらもカサ・ミラと同じグラシア通りにあって、
1877年に建設されたという建物、世界遺産「カサ・バトリョ」です。

大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、
ガウディによって個人邸宅用に増改築したんだとか。

入口のチケット売り場には長蛇の列が出来ており、
今回は時間の関係上、中の見学は断念したのですが、
こちらもサグラダ・ファミリア同様に事前にWeb予約が出来るようで、
観光の際には事前予約をおすすめします。

こうしてみるとスペインにはガウディの軌跡が数多くあり、
その独特な世界観は見る人を魅了し、歴史も知れば知るほど面白いですね。

今回スペインでは、本来の目的のストックフォト撮影でも数多くの収穫があり、
観光も交えて是非また見に行きたいと思いました!

スペイン観光第二弾!世界遺産「グエル公園」

2015年10月08日 Category: ストックフォト

LINEで送る

先日の記事でのスペイン観光の続きです。

バルセロナ観光は半日しか時間がとれず、
どの建築物も慌ただしく外から見るだけになってしまいました。

こちらはバルセロナにあるアントニ・ガウディ建築の世界遺産「グエル公園」です。
郊外にあり、街なかから往復するだけでも1時間程度かかる上、
公園内をちゃんと見て回ろうとすると、軽く1〜2時間は必要なんです。
でもそれだけ時間がかかったとしても見に行く価値のあるスポットです!

バルセロナの街並みや、地中海まで一望できる絶景ポイント。
本当に素晴らしい眺望でした!
サグラダ・ファミリアが周りの建物と比べて一際大きいことが改めて分かりますね。

Wikipedia情報によると、もともとグエル公園は、
エウゼビ・グエイ伯爵とガウディが作り上げた分譲住宅でしたが、
当時の人々にとっては、あまりに先進的で郊外の自然の中で暮らすという
価値観が受け入れ難かったため、買い手がついたのはわずか2軒、
当事者のグエル伯爵とガウディだけだったそうです。
自然と調和を目指した総合芸術を作り上げようとしたものの、
彼らの芸術は独特で住居にはあまり向いていなかったようで、
実際に外から見学したのみですが、言われて知るまで
とてもここが住居だとは思えない斬新さを感じました。

伯爵の没後に建設工事は中断し、市の公園として寄付され、
現在では、ガウディが一時住んだこともある家があり、
中にはガウディがデザインした家具なども集められて
ガウディ記念館として公開されていました。

グエル公園では、以前は入園料をとってはいなかったみたいなのですが、
今や世界中からの観光客も増え、かなりの人気ということもあって、
公園内の一部のゾーンでは有料化されていて入場制限もしているようです。

他にもバルセロナ市内観光をしてきたのですが、
続きはまた後日にします。

全員集合!

2015年10月01日 Category: その他

LINEで送る

先日、ケイズプリュで食事会を行いました。

コーディネートやロケバス運行など、仕事上スタッフ全員が揃う事は
普段あまりない事ですが、この日は東京スタッフも仕事で関西に来ており、
コーディネーターやドライバーも含め、久々にスタッフ一同勢揃い!


※店内が暗くスタッフの顔がはっきり見えなくてすみません!

この日は色々と盛り上がり、1軒では終わらず、2軒目まで行って来ました。
ケイズプリュには個性豊かなスタッフが揃っているので、みんな楽しくやってます。
皆さん、これからもケイズプリュをどうぞ宜しくお願いします。

========================================
現在、ロケバスドライバーを募集しています。
私達と一緒に撮影現場を支える仕事をしてみませんか。
詳しくはコチラの採用情報をご覧ください。
http://keiz-photo.com/recruit/
========================================