Keiz blog スタッフブログ

新年会

2016年01月28日 Category: その他

LINEで送る

先日、ケイズプリュ新年会を開催しました。
場所は事務所と同じ六甲アイランドにある『Macsy’s』。
メニューが豊富&美味しく、オーナーシェフも気さくな方で
六甲アイランドおすすめのお店です!

事務所と同じ六甲アイランドにある『Macsy’s』

いざ入店!

まずは恒例の記念撮影。
自分で言うのも何ですが、ほんとみんな仲いいんです。
昨年夏に入社した駆け出しのロケーションコーディネーター義史君もすっかり馴染んでいますね(笑)。

鍋を囲んでまずは恒例の記念撮影

鍋は要予約ですが、出汁がめっちゃ美味いんです!

鍋は要予約ですが、出汁がめっちゃ美味い。〆のラーメンと雑炊もGood!!

昨年夏に入社した駆け出しのロケーションコーディネーター義史君もすっかり馴染んでいますね(笑)

自家製ハムもおすすめです。
お世辞ぬきにコレめっちゃうまいんです!
スタッフ全員大好きなメニューの1つなので、すぐになくなってしまいました。

ここの自家製ハムもおすすめ!

スケジュールの都合上、スタッフ全員出席ではありませんでしたが、
色々な話で盛り上がりました。

やっぱり日本一の山!どこから見ても圧倒的な存在感「富士山」〜熱海・伊東ロケハン前編〜

2016年01月21日 Category: ロケハン

LINEで送る

こんにちは。堀川です。
先日、東京スタッフの渡部と熱海&伊東へ単独ロケハンに行って来ました。

東京スタッフと熱海&伊東に向けて単独ロケハン移動中

この日の天候は若干曇り気味でしたが、富士山もうっすら見えました。

富士山といえば日本が誇れる美しい山。
世界でも高く評価され世界文化遺産登録されているのは、
もうみなさんご存じですよね。

数あるビュースポットの中で、
特に綺麗な富士山が望める絶景スポットが伊東・熱海周辺に点在しています。
その中の一つで熱海周辺で有名なビュースポットと言えば『十国峠』です。
昔から十の国を見渡せるとも言われた程、眺めが良いとされていて
ここから見える富士山の迫力は格別!!だとか。

今回は時間がなくて立ち寄ることができませんでしたが、
箱根鉄道ケーブルカーで山頂へたどり着けば
駿河湾から湘南海岸など遠くまでを一望できるそうですよ。

ぐるりと視界に納まりきらないほどの広い景色を見渡せる分、
富士山の存在感が際立つでしょうね。

素晴らしい眺めはそれだけで画になりますし
富士山は、どうしてもここに来ないと撮れない風景です。

曇っていても期待を裏切らない存在感“大”な富士山を横目に、更に東へ。

曇っていても期待を裏切らない存在感“大”な富士山を横目に、更に東へ

そういえば、今回のロケハン目的地でもある伊東周辺に
不思議な富士山絶景スポットがあるという話を聞きました。
そのスポットとは、『富士山の姉山』と言われている、大室山の山頂です。
大室山と富士山は祀られている神様が姉妹だそうでこの呼び名があるそうです。
だからでしょうか?
大室山(姉)の山頂で富士山(妹)を褒めると、
 大室山の神様(姉)が拗ねて急に悪天候になると言われているそうですよ。
どこの世界でも女性の心は複雑ですねえ。

さて、車は海岸線を走ります。
湯河原のサーフィンスポット『湯河原吉浜』では朝から多くのサーファーがいました。
海が太陽を反射してキラキラと輝いています。

湯河原のサーフィンスポット『湯河原吉浜』では朝から多くのサーファーの姿が

『湯河原吉浜』といえば波が高く
シーズンオフでもサーフポイントだけは人が集まり、
サーファーの間では大変人気があるスポットのようです。

こちらは都心からも近く、東京からだと一時間ほどで行けるビーチですので
夏には沢山の海の家が立ち並び
サーファーだけではなく、多くの家族連れでもにぎわうようです。

サーファーの方たちはとてもマナーが良くて、
決して海水浴エリアには侵入するようなことはないようなので、
子供でも安心して遊べるリゾートですね。

このほかにも熱海周辺で有名なビーチといえば、
『熱海サンビーチ』があります。
こちらは夜のライトアップが幻想的だとカップルや観光客にも大人気。
夏には海上花火大会が開場されているようです。
ホテルが立ち並ぶ市街地でありながらも
ヤシの木並木が長く続く砂浜があったり、リゾート気分を盛り上げてくれます。
少し穴場的なビーチなので、静かにのんびり過ごしたい人にはぴったり。

この他にも

網代漁港近くの遠浅で、こじんまりした『網代温泉海水浴場』も近くにあり
それぞれ個性あふれるビーチが海岸沿いに開設されているようです。

東京からの近距離でリゾートビーチを満喫できるのですから
一度は訪れてみたいものですね。

車は国道135号線を走り

国道135号沿いの美しい海岸線

さて、いよいよ熱海に到着です。

雄大な景色と温暖な気候で別荘地としても人気の日本屈指の温泉街「熱海」

熱海といえば
雄大な景色と温暖な気候で別荘地としても人気がありますが
なんといっても日本屈指の温泉街!!

街に降り立てば、レトロな温泉施設に何だか懐かしさがこみ上げ
温泉地独特のにぎわいにほんのり温かくなってしまいます。
趣のある旅館や温泉施設は海沿いに多くあり、
そこから見渡す駿河湾も旅の魅力のひとつになりそうですね。

続きは次回。

ロケーションコーディネーターという仕事「日々精進」

2016年01月14日 Category: その他

LINEで送る

はじめまして。笹山義史です。
昨年2015年7月からケイズプリュで働いています。

この仕事に就いたきっかけは、
色々な場所へ行ける。発見出来る。たくさんの人と出会える。
そんな思いからロケーションコーディネーターと言う仕事に就きたいと思い、就職をしました。

ケイズプリュへ入った当初は、
先輩方のアシスタントとして色々な撮影現場に立ち会ったり、
撮影場所との交渉の進め方や撮影前の手配など色々な仕事を見て聞いて、
まずは一通りの仕事を覚える事からスタートしました。
今で約5ケ月程経ちましたが、コーディネーターはただ場所を探すだけではなく
撮影場所のリサーチから始まり、撮影交渉・撮影に至るまでの準備・撮影当日の現場管理など撮影全般に関わるたくさんの仕事があります。

こちらは街中でのロケハン風景。
モデルが実際に立っている事を想像しながら撮影をしていきます。

モデルが実際に立っている事を想像しながらのロケハン撮影

事務所へ戻り、さっき撮ったロケハン写真画像を整理し、
思い描いたイメージをもとに提案用のシート作成。

撮ったロケハン写真画像を整理

思い描いたイメージをもとに提案用のシート作成

日々精進をモットーに一人前のロケーションコーディネーターを目指しています。
撮影現場でお会いした際はどうぞ宜しくお願いします。

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

ケイズプリュでは、現在ロケーションコーディネーターを募集しています。

 

ケイズプリュでは、現在ロケーションコーディネーターを募集中

映画・ドラマ・CM・雑誌・カタログなどを制作する際に
監督やデザイナーが思い描く撮影場所を探す仕事がロケーションコーディネイトです。
コーディネイトの中には撮影場所との交渉や
許可手続き・撮影現場の立ち合い・管理など、
撮影に関する業務もいくつかありますが、
コーディネーターだからこそ出来る撮影場所の提案もその中の一つです。
撮影場所は作品づくりの中では重要な要素です。

思い描いたイメージを現実に出来た時の喜びや感動は
大変やりがいのある仕事でもあります。

皆さんも是非、私達と一緒にお仕事をしてみませんか。
ご興味のある方はお気軽にお電話またはフォームよりお問い合わせ下さい。
お待ちしております。

【対 象】
・20歳〜35歳位まで
・普通自動車免許所持者に限ります
・経験は特に問いませんが、経験者の方は優遇いたします

※詳細については採用情報ページをご確認ください
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

「抜けているねぇ」が褒め言葉になる時

2016年01月07日 Category: その他

LINEで送る

『〇〇抜け』。
あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、
風景の中で左右に広がる広大さではなく、
直線的にスコーンと抜けた果てしない部分。

写真で見るとそこにだけが風景に抜けが出来るので
こう呼ばれるかもしれません。

とにかく「抜け」の場所にもいろいろあるという事で
話をすすめていきましょう。

海抜け・空抜け・街抜け・ビル抜け・緑抜けなどなど
以前にもブログで書きましたが、こういった風景は長年の経験や記憶で
『あそこのあの場所に行けば撮れるな。』そういった所から動きはじめます。

難しい場所になればなるほど、
要望に合った場所を見つけた時、テンションMAX!

これは風景だけに限らず、
お客様の思い描いているイメージの場所を提案出来た時、
コーディネーターとして達成感を感じます。

こうして写真を見ますと「抜け」には無駄がありませんよね。
無駄がなくすっきりとしているのに動きがあるので様々な用途で選ばれています。

例えば空抜けですが、空一面となりますと
「寝転んで真上を見る」という静止した状態になりますが
ここにある空抜けの写真は
地面からぐうっと視線を上げて空を見上げた時の動きがそのまま出ています。
道路抜けもすでに自分が道路の上を走っている気分になりますよね。
田舎道を上から撮影されたものも自分がドローンか何かで飛んでいる気分になります。

このように
ただの風景画ではなんだか物足りない!という時にこそ
動きのある「抜け」の出番なのです。

そして抜け写真は無駄がないので、
文字情報が入れやすいという利点もあります。

ビル抜けは
企業様のパンフレット・チラシでよく見る構図ですよね。
道抜け写真に交通事故防止のキャッチコピーを当てはめてみてください。

基本的に無駄がない抜け写真には
文字情報もキャッチコピーも違和感なくなじみ、よく映えます。

これらも我々なら膨大な情報と経験値から即座にご要望にお応えできるわけですが、
ただ「抜け」の場合はただ場所を知っていればいいということではなく、
その場所を上からみた時、下から見た時など
角度やアングルを変えた時の情報まで知っているという事が必要になります。

こればかりは日ごろの観察力としかいいようがありません。

全てはお客様のイメージにぴったりの場所を
提供するためなのです。

謹賀新年

2016年01月01日 Category: その他

LINEで送る

新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、
スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

平成28年 元旦  有限会社ケイズプリュ スタッフ一同

2016年年賀状