Keiz blog スタッフブログ

「ハード系」なロケ場所って?

2016年03月10日 Category: その他

LINEで送る

以前に金網特集をしましたが、
今回はハード系なロケ場所を特集します。

ハード系なロケ場所ってどんな場所?って思いますよね。

例えば、下の写真にあるような
重機が置かれている・朽ちた壁や錆びれた門扉・高速道路の下や工場などの
無機質な人工物が立ち並ぶ場所などなど。
こんな感じの場所を僕らはハード系な場所と呼んでいます。

ハード系なロケ場所

作業服やメンズファッションなどの撮影では
こういうハードな場所で撮影したいという依頼が良くありますし、
ストーリー仕立てや異空間などの演出にもよく用いられたりもします。
意外に需要がある場所なんです。

ここに載せている場所は、更に広く周囲全体で見ると、
ゴチャゴチャっとイメージとは異なる物も数多く写り込んでしまうのですが、
ある一部分だけ切り取るとそれぞれのシーンに合った構図が見えてきます。

例えば、工場のような無機質な人工物が立ち並ぶ場所の写真を見ると
作業服のイメージはすぐに出てくるかと思いますが、
アクション映画で激しく戦うシーンや
何やら怪しい取り引きが行われるシーンなどにもよくマッチすると思います。

また、メンズファッションであれば、
カジュアル、サロン、モード等の様々なジャンルのどれが来ても
ハード系の場所はぴったり合いますし、
メンズだからこそ強さだけではない
お洒落でかっこよく、そしてワイルドな雰囲気もここなら演出可能です。

このジャンルを選ばないというのがハード系な場所の特徴で、
場所そのものに様々な解釈がある分、
見ている人に最終的な判断をゆだねてしまっても成立する場所だと思います。

それに、ハード系な場所は男女問わず使える事も多いですね。

レディースファッションなら
フェミニンなテイストでハード系な場所に降り立てば、
「アンバランスなスタイル」が時空や空間を歪めて一気にSFな世界が展開されます。
近未来なのか、それとも訳あり少女なのか。
雑草の緑と錆びた工場の間に白いワンピースの少女が上を見上げて立つだけで
ドラマが展開されていくような気がします。

錆びれた門扉、ドラム缶が多く積んである金網の場面なら、
銃撃戦などの派手な動きも良く合いますし、
画像にある朽ちた壁なら、急いで走りだす逃走シーンや喫煙シーンもありでしょう。

他にもミュージシャンのプロモーションビデオや
最近ではアイドルのイメージビデオ等での撮影に使われることも多いので、
非日常を演出したい場合にはもってこいの場所だと思います。

映画のワンシーンのような、という言葉はありきたりかもしれませんが
そんなワンシーンを要望通りに切り取ってロケ場所を探すのはもちろんの事、
実際には違った場所でも、
「この場所をこんな風に切り取れば、イメージにあったものが撮れますよ。」
なんて提案も可能です。

そこもコーディネーターの仕事をしていて面白い部分でもあります。

撮影で使いたいロケ地がギュっと詰めこまれた街~神戸~

2016年03月04日 Category: ロケハン

LINEで送る

今回は神戸をロケ撮影という視点で紹介します。
神戸にはたくさんの散策・デートスポットがありますが、
どの場所も色々なシーンでの撮影が出来ます。

まずは北野。ここには異人館や輸入品を扱う雑貨屋など
外国文化と長く触れ合ってきた神戸らしい町並みが続きます。
貿易港としての顔を持つ神戸は、
たくさんの外国人の「居住地」でもありました。
今でもこの辺りには実際に外国の方がお住まいの住宅地。
そこに、狭い路地や坂道などから見えている歴史ある洋館が点在しているというのが
この地域独特の雰囲気を作っているような気がします。

ちなみに神戸は坂が多いため、
神戸の女性は上品でかわいらしい雰囲気と
坂道で鍛えられた脚力を併せ持っていると言われています。
たしかにここをハイヒールで歩くとかなり鍛えられそうです。

北野坂北野

北野の異人館通りは山手にあるので、
ふと振り返ると港までが簡単に見渡せますし
観光客にも人気のある通りですから
ちょっとした旅のシーンや異国情緒ある建物を背景に入れての撮影も出来ます。
この異人館通りにあるコンビニも少し変わったスタイルで町並みに合うよう作られていますし、スターバックスは日本にいることを忘れてしまう異人館バージョン!

テンションが上がります!

異人館通り異人館通り

ここだけでも様々なシーンを提供できますが、
神戸の実力はそれだけではありません。

少し歩けば次は居留地。
神戸でも海側にやってきました。

ここは色々なショップやオフィスも多いので
灰汁を感じさせないすっきりとした画で、
買い物シーンや通勤設定などのシーンには最適です。
また、石造りの歴史ある建物も多いのでクラシックなイメージでも撮影が出来ます。

居留地居留地

和を強調させたシーンを撮影するなら京都のイメージがありますが、
洋のテイストを加えて撮影するなら神戸がベストな場所です。
この居留地は、西洋文化の入り口として栄えました。
1871年には「神戸は東洋における居留地としてもっともよく設計されている」とイギリスで評価されています。世界で認められるという歴史からみても神戸の街はすごい!

居留地居留地居留地

それにしても落ち着いた雰囲気があります。
道行く人はみんな英字新聞を読んでいるんじゃないか?という気さえしてきます。

さて、さらに海側へ歩いていきますと
大型商業施設の神戸モザイク周辺へとたどり着きます。

神戸モザイク周辺の煉瓦倉庫や港

ここには煉瓦倉庫や港があり、石畳やウッドデッキもあります。
今は明るく海風をうけながらのショッピングや散策も楽しそうですが
夜はまた違った顔を見せてくれます。

関連記事:深夜24時に神戸の夜景の中を歩く
http://keiz-photo.com/blog/?p=1447

神戸モザイク周辺の煉瓦倉庫や港神戸モザイク周辺の煉瓦倉庫や港

次は港の中にある公園です。
神戸ポートタワーや神戸モザイクを一望出来る広い公園や
大芝生広場のあるこれまた広大な敷地の公園などでは、
ランニングなどのスポーティーなシーンや
抜け」のあるシーンも撮影が出来ます。

大芝生広場

それ以外に神戸港だからこそ、
海が見えるシーンでオーダー通りにテイストを加え撮影をすることも可能です。

ここまで、北野や居留地からも10分程度と比較的近い距離に
海が一望できる場所もあります。

神戸港周辺
神戸港周辺
神戸港周辺

今回ご紹介した場所の他にも
神戸には様々なシーンでのロケーションに最適な場所が
それこそ「売るほど」たくさんあります。
神戸は街全体が落ち着いた雰囲気なので、1日で色々なシーンの撮影が出来き、
大阪からのアクセスもあっとう間の1時間程度です。

歴史とともに様々な“顔”を持つ神戸

歴史とともに様々な“顔”を持つ神戸は、今も変化し続けています。
ケイズプリュのホームグラウンドだからこそ、
どこよりも詳しい多くのロケーション情報をご提案可能です。
いつも新しい発見があり、
その発見がケイズプリュをますます発展させてくれるのだと思います。

神戸でロケをご希望の際は、是非ケイズプリュまでお問い合わせください!