Keiz blog スタッフブログ

ロケの合間に、桜と海

2017年05月02日 Category: ロケ

LINEで送る

肌寒い季節も過ぎ、もうすっかり暖かくなってきましたね。
面倒くささもあって衣替えの時期を先延ばしにしてきましたが、
さすがにそろそろ衣類収納を整理しなくてはと焦りだした、堀川です。

もう季節は過ぎてしまいましたが、
先月、大阪でのロケの合間に綺麗な花を咲かせた桜を見かけました。

桜

今年は例年に比べ寒い日が続いてたこともあり、開花が少し遅れているようでしたが、
ようやく咲き始めたと思ったらご覧の通りの美しい姿。

桜

この時期はまだ満開手前の八分咲きぐらいでしたが、
ロケの合間に僕のイメージ通りの桜を撮影することができて満足です。

八分咲の桜

毎年、桜を見ると季節を感じ、美しいと思うのは、
日本人の心を惹きつける何かがそこにはあるのでしょうか。

そういえば去年も同じ時期に桜の記事を書いてました。

その時は「日本人と花見」という観点で
桜と戦国時代の武士たちのことについてなど、
桜には本当に色んな逸話や伝説がありますよね。

少し読み返しながら、一年経つのは本当に早いものだと感じています。

春の海

さて、次は和歌山へ撮影に行った時に撮った春の海の風景です。

この日は天候も良く暖かい日で、
和歌山県内の海の近い場所で終日撮影を行い。
日中と薄暮でのシーンがありました。

夕暮れの春の海

夕暮れの春の海

この日は、まだ日差しがあるとはいえ
時々、風が吹くと肌寒く感じで、海辺には誰もいない状況でした。
回りを見渡せばカメラ片手にいたのは僕だけ。

ただ、周りの緑と青く澄んだ海の風景は夏とほぼ同じ!

穏やかな波

穏やかな波

穏やかな波

実際、夏場のこの近辺は車も人も多く、
海水浴客でにぎわうビーチなのですが、
今だからこそ海水浴客の影響もなく
海辺で夏のような撮影が出来るという穴場時期でもあるんです!

春なのに夏場のような新緑と青い海

もし、このような場面でロケを行いたいと考えている人がいれば、
今がチャンスですので、気軽にご相談ください。