スタッフブログ


大阪のシンボル、通天閣っ!!

2015年8月20日

先日、大阪の街並みをロケハンしてきました。
自然の風景だけでなく、こういった繁華街のロケハンも実は多いのです。
今日はその中でも大阪の観光名所から、新世界・通天閣をご紹介します。
大阪人には言わずと知れた通天閣は、新世界(大阪ミナミの歓楽街の一つ)の中心部に建つ展望台で、2007年に国の登録有形文化財になっています。

通天閣の中には「ビリケンさん」という神様が祀られており、足の裏を触ると幸福になる!といって沢山の観光客が毎日やって来ます。
アメリカ生まれのビリケンさんがどうして大阪で神様になったかのお話しはまた今度するとして、串カツに舌鼓をうち、通天閣に登り、ビリケンさんを触って幸せになるというのが、大阪ミナミの観光ルートの一つになっています。

そんな通天閣の写真がこちら、

通天閣

実はこの掲載している写真、テレビなどでよく紹介されている、串カツ店や飲食店が並ぶ商店街とは反対側のエリアから撮影しています。

商店街側は観光客や地元の人などでたいへん賑わっていますが、反対側は、少し落ち着いた感じなのです。
普段は商店街側から通天閣を見上げる事が多いですが、こちらのエリアから見上げる通天閣もなかなか良いものですね。
「記念写真に通天閣の全景を入れてとりたい!」という方には、じっくりと撮影ができる隠れスポットとして「商店街の裏側」がお勧めポイントです。

次、来る時は串カツ屋で一杯飲みに行きたいっす!!