スタッフブログ


スペイン観光第三弾!世界遺産「カサ・ミラ」と「カサ・バトリョ」

2015年10月16日

スペイン観光レポートも今回が最後です。

世界一の規模を誇るカトリック建築、世界遺産「サグラダ・ファミリア」
スペイン観光第二弾!世界遺産「グエル公園」


こちらはバルセロナ、アシャンプラのグラシア通りにある、
アントニ・ガウディの作品群の一つ、世界遺産「カサ・ミラ」です。

地中海をイメージして作られたとのことで、外観の波打つ曲線が印象的でした。

当時は実業家の邸宅として建設されたようですが、
なんと現在でも4世帯が居住している現役の集合住宅なんです!
確かにグエル公園と違って、ここなら住居と言われても納得できます(笑)。


次にこちらもカサ・ミラと同じグラシア通りにあって、
1877年に建設されたという建物、世界遺産「カサ・バトリョ」です。

大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、
ガウディによって個人邸宅用に増改築したんだとか。

入口のチケット売り場には長蛇の列が出来ており、
今回は時間の関係上、中の見学は断念したのですが、
こちらもサグラダ・ファミリア同様に事前にWeb予約が出来るようで、
観光の際には事前予約をおすすめします。

こうしてみるとスペインにはガウディの軌跡が数多くあり、
その独特な世界観は見る人を魅了し、歴史も知れば知るほど面白いですね。

今回スペインでは、本来の目的のストックフォト撮影でも数多くの収穫があり、
観光も交えて是非また見に行きたいと思いました!