スタッフブログ


ググるだけではダメ!ロケーションコーディネーターとしての情報収集手段

2016年6月23日

こんにちは。
ケイズプリュで働き始めてもうすぐ1年の笹山義史です。
先輩方にいろいろとアドバイスをいただきながら今もまだ学ぶことの方が多く、
一人前のロケーションコーディネーターへの道を、
次の1年、また次の1年と着実に進んで行けるように、
日々精進しています!

さて、以前に僕の人生初料理失敗談の記事を書きましたが、
仕事も同じように「簡単には上手くいかない」ものです。

コーディネーターは撮影のイメージにあった場所を探す仕事がメインになります。
インターネットや書籍や先輩方の経験や人脈など
場所を探す方法はいろいろありますが、
僕はもっぱらインターネットからの情報収集に頼っていました。

なんといっても、
僕が物心ついたころには、既にネットを活用したデジタル社会になっていて、
調べものは「とりあえずググる」という考えで、それを疑っても来なかったのです。

そんな中、先輩方に
『ネットだけに頼らんと、色々な本を見て調べてみたら』
とアドバイスを受けて初めて自分の視野が狭いことに気付かされました。

雑誌や専門書からの情報収集

確かに、見渡せば社内には色々な情報誌や書籍がたくさんあります。
手にとってパラパラとめくるうちに
印刷されて出版されているものの信ぴょう性の高さに気付き、
これは今までの考えを改め直さねば!と思うに至りました。

そもそも「本を読む」行為すら遠ざかっていた僕にとって、欲しい情報を得るために本を探すアナログ作業に四苦八苦

雑誌はともかく
そもそも「本を読む」行為すらも遠ざかっていたように思います。

さすがにネットは情報が豊富なので、掘れば何でも出てきますが、
情報が多すぎる中で、そこから正しい情報を取捨選択しながら
本当に信頼できる情報にたどり着くにはそれなりのテクニックが求められます。
検索する能力に加え、得た情報の信ぴょう性を見極めるための判断能力も必要で、
そのためには自分自身のアンテナの精度を高めて磨くしかないと
思い始めた次第です。

その上で、実際に現地へ足を運び、
積み重なっていくコーディネーターとしての経験値が
僕自身を助けてくれています。

「あの場所にありそうやなぁ」
「この間あそこを通った時にあったなぁ」
「これって通勤中に見た景色であったかも」
といった自分の中の経験と記憶をたどって日々行動していると、
それが今欲しい情報とリンクすることがあります。

日々の生活の中でも、気になる風景に出くわせば一度立ち止まって写真撮ったり、
この場所だとこういうシチュエーションに合いそうだなと考えを巡らせたりと、
日に日に自分の中のロケーションコーディネーターとして自覚が
太くしっかりして来ていると感じている今日この頃です。