スタッフブログ


スペイン・バルセロナにあるサグラダ・ファミリア教会の今

2016年12月22日

こんにちは。代表の笹山です。

先日、海外ロケのため、スペインのバルセロナへ行ってきました。
この時の撮影は快調で撮影予備日に余裕ができ、
その合間の時間を利用してサグラダ・ファミリアの内部見学をしてきました。

サグラダ・ファミリア外観

やはりバルセロナでは外せない観光スポットです。

サグラダ・ファミリア外観

昨年8月頃にケイズプリュの別スタッフが
スペインロケの合間にここへ訪れた時の写真と比べると、
すでに足場が撤去されて完成している箇所があったり、
たしかに徐々に完成に向けて変化している感じがしました。

●世界一の規模を誇るカトリック建築、世界遺産「サグラダ・ファミリア」
http://keiz-photo.com/blog/?p=1251

世界的に見ても珍しい
今もなお完成に至っていない歴史的建造物という
唯一無二の建物であることがよくわかります。

サグラダ・ファミリア内観

内部見学の入場料は29ユーロ(日本円で約3,500円)で、
当日券もあるようですが、いつ行っても長時間待ちなので、
事前にWebから予約しておくのが賢明です。

入場の際、落書き防止のために
持ち物チェックでペン類は没収されます。
後で返却してもらえるかは定かではないことも多いので、
手帳などに愛着のあるペンを挟んで持参している場合などは要注意ですね。
建築工事中ですが、一般人の見学も同時に実施されていることから、
過去に落書き被害が多くあったようで、
たまたま前に並んでいた人がペンを没収されている様子を見かけました。

ステンドグラスの青(寒色)

ステンドグラスのオレンジ(暖色)

ステンドグラスの幻想的な空間

ステンドグラスの青(寒色)は、東側(日が昇る)。
オレンジ(暖色)は、西側(日が沈む)という意味があり、
あまりに綺麗で幻想的な空間に、自然と足が止まります。

サグラダ・ファミリア建築工事の様子

サグラダ・ファミリア建築工事の様子

内部から見ると、移動の中で未完成部分がよくわかります。

サグラダ・ファミリア最上階からのバルセロナ市街の眺め

サグラダ・ファミリア最上階からのバルセロナ市街の眺め

サグラダ・ファミリア最上階から真下の眺め

5人くらいしか乗れない工事用のエレベーターで最上階へ登ると、
バルセロナ市街を一望でき、そこからはどれも目線が下にある建物ばかりで、
サグラダ・ファミリア教会の大きさ(存在感)というものを改めて実感しました。

螺旋階段(下から)

下りは1人しか通れないくらいの狭い螺旋階段で地上階まで降ります。

螺旋階段(上から)

上から見ても下から見ても底や天井が見えないぐらい
吸い込まれるような螺旋階段が続くので、
見学者は皆途中で立ち止まって撮影を始めるので、降りるのに大渋滞でした。
しかし、これは写真に収めたくなるのもわかります。
私もその中の一人でしたから(笑。

サグラダ・ファミリア内観(パノラマ)

2026年完成予定のイメージ模型

2026年完成予定のイメージ模型も展示されていて、
完成の姿をいろいろと想像する事ができます。
完成してしまうとそう簡単には「変化」しないので、
この「変化」が楽しめる今の時期が、最も見どころかもしれません。

また、今後もスペインには度々ロケで訪れることになると思うので、
サグラダ・ファミリアの完成を見守りたいです。